骨端線が復活する?止まった成長は再開できる? by専門医

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師川崎市立井田病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

本日は骨端線と成長に関連するお話として、

「閉じた、閉じかかった骨端線は復活するのか?」
「止まった成長を再開させることはできるのか?」

という点について、

まず医学的な基本知識をまとめながら、
できるだけわかりやすくお伝えいたします。

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日は記事をごらんいただきありがとうございます。

それではいきましょう!

骨端線の基本まとめ

骨端線=成長軟骨板

骨端線は、別の言葉で
「成長軟骨板(せいちょうなんこつばん)」といいます。

成長軟骨板はその名の通り、
成長する軟骨の板状組織で、

もっとシンプルにいうと、
子供が成長する=骨が長く伸びるときの、
伸びる場所そのものです。

レントゲンでもはっきりと、
一見「骨折している?」と思ってしまう部分がわかります。

画像引用元:小児整形外科の実際 第一版 南山堂

画像引用元:小児整形外科の実際 第一版 南山堂

骨端線が必要な理由

もともと、人の身体の成長には
その組織に柔軟性が必要です。

例えば、骨が伸びるに伴って、
「筋肉」も長く伸びていきます。

これは骨とは違い全体的に伸びます。

筋肉は柔らかいからです。

しかし、骨はきわめて硬いわけです。

むしろ、硬くないといけないわけですよね。
身体を支えなくてはいけないので。

しかし、成長しなくてはいけない。

そのため、部分的に柔らかい
骨ではない、軟骨の状態を保って、
細胞分裂をどんどんくりかえして成長する場所を
作ったということになります。

骨端線で骨が伸びる仕組み

骨の成長の仕組みですが

まず、軟骨の細胞が増殖していって、
徐々に骨の構造に変化していき、
最終的には石灰化といって、
カルシウムなどの沈着で強くなる。

このような順番で骨が長く成長していくわけです。

骨端線が閉じるということは成長が止まったということ

この骨端線が消失する
これを「骨端線が閉じる」とよく表現します。

レントゲンでみると、
骨折しているかのように見えた、
骨の関節近くの間隙がなくなっている

という状態です。

スポンサード リンク

これは、もうその骨は伸びない
ということを表します。

正確には骨端線が閉じたから
成長が止まったわけではなく、

成長が止まった結果、骨端線が閉じたわけですが、
結局一緒ですね。

この骨端線が閉じる時期、年齢は
骨によっても異なります。
それも骨の中にも複数の骨端線があるものがありますから、
部位によっても異なります。

骨端線が閉じるまでの時間は延長できる?

この骨端線が閉じるまでの時間が延長できれば、
身長がもっと伸びそうですよね。

ただ、骨端線が閉じる時期、年齢は
もともと遺伝子レベルでプログラミングされていて、
後天的にコントロールはできないと考えられています。

実際、マウスの研究ですが、
あるAというマウスの骨端線を
Bというマウスに移植したところ、

骨端線が閉じる時期はAのマウスのもともとの時期と
同じであったという研究があります。

つまり、Bというまったく違うマウスの環境においても、
結局、もともとの骨端線にプログラミングされた時期に
骨端線は閉じた
ということです。

骨端線が復活したかのような再成長をするケース

さて、メインテーマである
閉じた骨端線は復活するのか?

ということですが。

結論から言うと、復活しません。

インターネットの世界は怖くて、

「わずかでも骨端線が残っていたら復活します」
(それって復活というのでしょうか・・・)
とか、
「成長ホルモンをしっかり分泌させることで復活も可能です」
などという情報があります。。。

成長ホルモンはもちろん成長には大切な調節ファクターです。
でも、閉じた、閉じかかった骨端線を
復活させる・・・そんなことはありません。

ただ、ときに、止まりかかった成長が
再度、加速することがあります。

こんな時に、「骨端線が復活した!」
なんて思ってしまうことがあるかもしれません。

それはどんなケースかというと、

例えば、
栄養失調や
なんらかの病気で

骨の成長が抑制されていた時期があり、

それらが改善したことで、

抑制されていた分も、
成長が加速する

そんな現象は時に起こります。

ただし、先ほどから述べているとおり、
骨端線が閉じる記事はあらかじめプログラミングされており、
それを復活なんてことは考えず、

骨端線が閉じるまでの間に、
しっかりと栄養を取って、規則正しい生活をして、
適度な運動をして、
全身に、骨にいい刺激を加えていく。

それに尽きると思います。

医療関係の情報発信は、
まずその信頼性を確認したいですね。

そのためには「誰が」書いた記事かを
ぜひご確認ください。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。