ハムストリング肉離れに使えるサポーターを紹介&解説 byスポーツ医

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師川崎市立井田病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回はハムストリング肉離れにおける サポーターの役割について解説いたします。

サポーターをどういう意味合いで、どのように使えばいいのか? ということをご理解いただけるような そんな内容をこころがけました。

オススメのサポーターも紹介しておりますので、 ご参照ください。

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。 本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

ハムストリング肉離れの基本をおさらい

肉離れとは?

肉離れとは?ということですが、そのままのイメージで間違いはないかもしれません。

「肉」が「離れ」てしまうケガです。

正確には筋肉が離れてしまうということ。つまり、筋肉の損傷です。

筋挫傷との違いは?

筋挫傷(きんざしょう)という病名もあります。これも筋肉の損傷です。では、何が違うか?というと、

直接外力による損傷を筋挫傷と言います。 つまり、筋肉そのものに相手選手の膝が入ってしまうとか、モノがぶつかってしまうとか、そういった結果、その筋肉が損傷してしまうことが筋挫傷です。

それに対して肉離れは、急な動きで筋肉が引っ張られてしまうことで筋肉が損傷してしまうという状態です。つまり、筋肉そのものに直接外力が加わったわけではなく、動きの中で筋肉が引っ張られたことが原因で起こるのが肉離れです。

アキレス腱などの腱断裂との違いは?

アキレス腱などの腱(けん)も筋肉の先端のスジといういいでは肉離れとの違いを理解しておくといいのですが、

アキレス腱などの腱は筋肉より細くカタい筋張った組織ですので、多くは完全断裂になります。それに対して、肉離れは筋肉というより太く柔らかい組織なので、多くは部分的にちぎれてしまった状態です。

そのため、腱断裂は手術が必要になることが多いですが、肉離れは手術せずに自然と治せることが多いです。

肉離れの原因は筋肉のコンディション + 急激な引っ張り力

肉離れの原因としては、まず筋肉のコンディションが重要です。筋肉自体が定常的に緊張状態だったり、疲労が溜まっていたりすると切れやすいと言えます。

要は、筋肉が脆くカタいコンディションが悪い。逆に言うと、強くしなやかな状態がいいわけですね。

そして、そういったコンディションが悪い状態の筋肉に強い引っ張り力(牽引力)が加わってしまった瞬間に筋肉がちぎれます。

筋肉とは骨と骨を繋いで、関節を動かす組織ですが、逆に言うと、関節の動きによっては筋肉が伸ばされる状態になります。これを筋肉のストレッチというわけですが、急に筋肉が伸ばされると切れかねないということです。

しかし、普通にストレッチをしていても切れないのは、ストレッチするつもりでストレッチしているからなんですね。

肉離れが起こるときはストレッチされながらも、その筋肉に力が入っているときなんですね。

これを遠心性収縮と言いますが、関節の動きの中で筋肉は伸ばされているのに、力は入っていて縮もうとする。この筋肉にとっては悲鳴を上げたくなる状態が肉離れが起こりかねない状態と言えます。

肉離れは二関節筋(にかんせつきん)に多い

肉離れは二関節筋と呼ばれる特殊な筋肉に起こりやすいと言えます。

二関節筋とは2つの関節をまたいでくっつく筋肉で、この二関節筋に力が入ると(=縮む、収縮する)2つの関節が動きます。逆に言うと、関係する2つの筋肉、どちらかの動きでストレッチされますし、どちらも同時に動くと方向によっては一気に急激にストレッチされることになります。

要は重要かつ負荷が強いのが二関節筋と言えるでしょう。

二関節筋の例としては股関節と膝に関わるハムストリング大腿直筋(だいたいちょっきん)、膝と足首に関わる腓腹筋(ひふくきん)、肩と肘に関わる上腕二頭筋(じょうわんにとうきん)などです。

Rectus femoris – human muscle anatomy

Thigh man muscle anatomy

gastrocnemius

ハムストリングとは?

次にハムストリングとは?という基本にうつります。

太もも裏側の筋肉の集まり

ハムストリングとは太ももの裏側を走る複数の筋肉の総称です。大腿二頭筋(だいたいにとうきん)や半腱様筋(はんけんようきん)、半膜様筋(はんまくようきん)などからなります。

それぞれの筋肉を覚える必要はないですが、その走行、走り方は知る必要があります。それは、骨盤から始まり、膝の下、つまり下腿(かたい)に終わるという走り方です。

二関節筋(にかんせつきん)という特徴

この走り方はさきほども解説した二関節筋という特徴を表しています。それは骨盤と大腿骨からなる股関節と、大腿骨と下腿骨からなる膝を両方ともまたいで走る、つまり、2つの関節をまたぐ珍しい筋肉です。

それゆえ、股関節と膝関節、両方の動きに関連する筋肉と言えます。

股関節伸展 太ももを後ろに

まず股関節ですが、これは股関節伸展(しんてん)という動きです。太ももを後ろ、背中側に持っていく動きと言えます。

膝関節屈曲 膝を曲げる

膝に関しては屈曲(くっきょく)、つまり曲げる動きを担当します。

つまり、ハムストリングが働くと太ももが背中側に動き、かつ、膝が曲がります。

ハムストリング肉離れの原因

このハムストリングの走り方、機能からハムストリング肉離れの原因がわかります。

股関節屈曲+膝関節伸展+踏ん張り

それはハムストリングがストレッチ、つまり引っ張られる動きのときに、さらに踏ん張るようにハムストリングに力を入れたときと言えます。

つまり、股関節屈曲(太ももが前に動く)、膝が伸展(伸びる)、そして、その状態で踏ん張るなどの力が入った瞬間に切れてしまうというのが典型的です。

もちろん、肉離れ全般のおさらい部分で解説したように筋肉のコンディションが大切なのは言うまでもありません。

ハムストリング肉離れの治療におけるサポーターの位置づけ

ハムストリング肉離れの治療の原則は、筋肉がくっついてくれる環境を整えることに尽きます。

その環境作りにサポーターというものは有効になり得ると考えています。

ハムストリングの肉離れにおける サポーターは患部の圧迫を担当します。

この圧迫によって、 肉離れにおける 「離れ」た部位、

つまり損傷部位が

あまり離れないように、 近づくように圧迫します。

それによって出血の結果できる 血腫(けっしゅ)というものが あまり大きくならずに済むため、

いい状態で修復していきます。

これはリハビリで動かしていくときにも 有利に働きます。

圧迫することで 筋肉の走行に無駄がなくなり 効率が良くなるので 同じリハビリでもかかる負荷が減ります。

ふくらはぎ肉離れにオススメのサポーター

こういった視点で ハムストリング肉離れにオススメの サポーターを考えますと、

特別な機能は必要ないことがわかります。

ただ、あるといい機能をあげると、 圧迫具合を変えられる というものがオススメです。

これによって、 最初はしびれない程度に 強めに圧迫して 血腫の形成を徹底的に防ぐ。

その後、動かすときには 少し圧迫を緩めて 動かしやすいようにする

などのように微調整がききます。

サポーターの巻き方

サポーターの巻き方のポイントは

  • 押して痛みがある部位周囲をしっかり圧迫
  • 巻いたところから先がしびれない程度に強めに巻く

ということくらいで、特に難しいことはありません。

スポンサード リンク

押して痛みがある部位周囲をしっかり圧迫

これは肉離れした部位 その周囲をしっかり圧迫しないと 意味がないので、当然ですね。

巻いたところから先がしびれない程度に強めに巻く

太ももには坐骨神経という太い神経が走っていて、前側には大腿神経という神経が走っています。 また、その周囲に血管も走っています。

そこの圧迫が強いと 神経麻痺や血流障害を起こすことがあります。

しびれや痛みが強まる場合は、圧迫が強すぎることを考えましょう。

おわりに

今回はハムストリングの肉離れにおける サポーターの位置づけとして、

圧迫効果による治療効果アップ

を期待するということを解説し、

オススメのサポーターと その巻き方のポイントをお伝えいたしました。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。